冬の寒さ対策は直火で温める『マルカ湯たんぽ』が手放せない! - インドア派のアウトドア

冬の寒さ対策は直火で温める『マルカ湯たんぽ』が手放せない!

冬のキャンプは寒くて眠れません!

起きている時は焚火やストーブで暖をとれるけど、寝る時は寝具だけで防寒しないといけないからね。

ストーブつけて寝たいです。

一酸化炭素中毒になりたくなかったら止めとこうね。

ポイント

  • 冬のキャンプは寝具に手を抜かない
  • プラスαの湯たんぽで寒さ対策の汎用性が上がる

就寝時の寒さ対策としてスタンダードはシュラフのスペックを上げること。

キャンプ地の最低気温 = シュラフのリミット温度だと快適に眠ることが難しくなる。基本的にはキャンプ地の最低気温よりリミット温度が-5℃~-10℃のシュラフを準備することをお勧め。

あとは、シュラフのスペックを上げても足元の温度を保てずに、足先から冷えてしまうから湯たんぽを足元に置くと完璧

湯たんぽのサイズは2.5Lがベスト。容量の小さい湯たんぽは温度が下がるのも早くなる。あとマルカの湯たんぽは標準セットになっているフリースの巾着袋が肌触りが良くて湯たんぽの暖かさを倍増させてくれる。

そして何よりも直火で温めることができる便利さ。

ケトルや鍋で2.5Lのお湯を沸かそうとすると何度かに分けて沸かす必要がある上に、湯たんぽへの移し替えは結構な手間になる。直接火にかけることができる金属製ならではの便利さがマルカの湯たんぽにはある。

焚火で温めると湯たんぽが煤で真っ黒になるから、一枚適当な布袋に入れてからフリースの巾着袋に入れるといい。

煤汚れの心配がない薪ストーブも冬のキャンプでテンションを上げてくれる。

翌朝、2.5Lのお湯があると片付けにも使えて便利。

冬は水使うの辛いもんね。

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です