初めてのCB缶バーナー『SOTOレギュレーターストーブST-320』の使用感と注意点 - インドア派のアウトドア

初めてのCB缶バーナー『SOTOレギュレーターストーブST-320』の使用感と注意点

SOTOシングルバーナーST-320の使用感

ポイント

  • ギア被りを避けるならST-320
  • 圧電点火で着火できない時は圧電素子を疑う

CB缶ガスバーナーといえば、これってぐらい定番化しているのがSOTOレギュレーターストーブST-310なんだけど、個人的には、同じSOTOのST-320がお気に入り。

ソト ST-320 G-ストーブ SOTO キャンプ フェス バーベキュー BBQ アウトドア 公園 レジャー 世界最薄 コンパクトストーブ

コンパクトで持ち運びに便利なガスバーナー。四角いフォルムのケースにバーナーが収まっていて、使用時はケースが五徳と風防を兼ねる。マグカップ等の小さいクッカーも付属している追加五徳を使うことで問題なく乗せることができる。

遮熱板が五徳より上にきてしまうから半径が6cmを超える大型のクッカー等は火力を中心にもってこれなくなるんだけど、クッカーが遮熱版を超えるような置き方はガス缶に熱がいって危険ってことにもなる。

五徳の耐荷重的にもダッチオーブン等は乗せられないだろうけど、そもそもこうったシングルバーナーの用途(1人~2人ぐらいの調理)からすると大型のクッカーを使おうとすることが間違ってる。

燃料はカセットガス(CB缶)でランニングコスト面でも優秀で、四角のケースに綺麗に収まるコンパクトさがスタイリッシュ

圧電点火の不具合?

ST-320に限った話ではないんだけど、圧電点火式のバーナーは圧電素子(針金のような金属部分)から火花が飛んで着火する。
この圧電素子が意外と繊細で汚れの付着で火花が飛ばなくなるのは当然ながら、微妙な位置関係で火花がガスの噴き出し口に向かわなかったりする。

ガスも出てるし火花も飛んでいるのに着火できないって状態になったら、この圧電素子の位置(角度)を疑ってみるといい。

1ミリ以下の微調整で火花の飛ぶ方向が変わって着火できるようになったりする。

展開時の注意点

これは個体差があるのかもしれないけど、自分が持っているST-320は収納時にガスの開閉バルブを少し開いた状態にしないと収納できない。

これが完全にガスを閉じている状態

このままバルブを折りたたむとバルブがケースに干渉してケースを閉じれない。

ケースに収納するためには、バルブを倒す(開に回す)必要がある。

この状態で、次に使う時にCB缶を装着するといきなりガスが出て慌てることになる。

これもST-320に限った話ではなく、ガスバーナーを使う時はガス缶を装着する前に開閉バルブが閉まっているか確認することは常識とわかっていながら、毎回のようにガス缶装着時にガス漏れして慌てる。

総括

いままでのキャンプは熱源に焚火かOD缶バーナー。あとは補助的にアルコールストーブを使ってて、CB缶バーナーはST-320が初めて。

他のCB缶バーナーとの比較はできないけど、CB缶バーナーというジャンルのキャンプギアとして言えるのはランニングコストが優秀だった。

多くの人が愛用しているST-310なら間違いないけど、仲間内でギア被りが嫌だって人はあえてのST-320という選択もあり

ソト ST-320 G-ストーブ SOTO キャンプ フェス バーベキュー BBQ アウトドア 公園 レジャー 世界最薄 コンパクトストーブ

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です