照明器具はバッテリー式が人気だけど乾電池式も捨てがたい - インドア派のアウトドア

照明器具はバッテリー式が人気だけど乾電池式も捨てがたい

ポイント

  • 停電時は電気を得る手段が限られる
  • 乾電池は国際規格

バッテリー式の特徴

キャンプギアとしての照明器具の主流でデザインの種類が豊富で、モバイルバッテリーとして使える等の機能性が高いものが多い。バッテリー残量の表示なども乾電池式には無いメリット。また、バッテリーを内蔵していることから防水性の高い物も多い。

乾電池式の特徴

主流ではないため種類が少なく、基本的には照明としての機能しかない。

キャンプで使うLEDランタンははバッテリー式が良いってことだね。

うん。人気の物を買っておけばまず間違いない。

乾電池式も捨てがたい理由

キャンプでの使用に限定するとバッテリー式のLEDランタンが優秀ではあるけど、災害時を想定すると乾電池式も捨てがたくなる。

災害時に停電するとバッテリー式のLEDランタンは充電をすることができずに使えなくなる。

その点、乾電池式は乾電池を100円ショップなどでも手に入れることができる。災害時にそれらの店舗が機能しているのか?という問題はさて置き。災害時の停電で電気を手に入れる最も可能性の高い手段が乾電池であることに間違いはない

乾電池は国際規格だから支援物資の中に必ず入ってくるからね。

災害時の備えとしてポータブル電源やモバイルバッテリーを準備することも必要だけど、ラジオやスマートフォンなど電気を必要とする道具は多い。

防災用品として準備するなら、乾電池式の選択肢がある道具に関しては乾電池式がお勧め。

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です