誰にも気を使わない自由なソロキャンプの始め方 - インドア派のアウトドア

誰にも気を使わない自由なソロキャンプの始め方

ソロキャンプって何が楽しいの?

お・・・おぅ。
藪から棒に失礼な質問だな。

だって一人だよ?寂しいよ?みんなと一緒の方が楽しいよ。

ソロキャンプの楽しさ?

ポイント

ソロキャンプはとにかく気楽

「楽しさ」という表現に誤解が生じていそうなんだけど、声を上げて笑う様な楽しさはソロキャンプには無い。1人で笑っていたら怪しい人だ。

じゃぁどこに魅力を感じてソロキャンプをするのかと言えば、「気楽さ」だと思う。

誰かと日程調整をする必要もなく、一緒にいる人に気を使う必要もない。

人は社会生活を必要とする生き物だけど、何らかの形で一人で過ごす時間も必要とする。それが部屋なのか屋外なのかの違いでしかないと思う。

キャンプ自体は一人の時間を過ごすための手段であって、そこで何をするかがソロキャンプの楽しさに繋がっていくと思う。

ひとまず何をするかは別の記事として、まずは屋外で一夜を過ごすことを目標に本当に最低限必要な準備を考えてみる。

季節選び

オールシーズン楽しめる遊びではあるけど、今から始めようとするなら気温が15℃~25℃ぐらいの季節をお勧め

暑い日や寒い日は服装も含めて対策道具が必要になってくる。準備したけど必要なかった。ってぐらい備えていればいいけど、これからキャンプを始めようとする人にとっては備えの程度も分からないし、準備費用も無駄になりかねない。

「思い立ったら吉日」。何かを始めようとする時に季節を言い訳にせず即行動でもいいと思う。苦い思い出ぐらいの失敗はあっていいかもしれない。

キャンプ場選び

基本的に有料キャンプ場を使う
無料のキャンプ地は水が飲用不可だったり、炊事棟やトイレが無かったりと初めてキャンプをする人には難易度が高くなる

有料キャンプ場であれば、一通りの設備があって売店と道具の貸し出しもある。
キャンプ場によっては道具のレンタルもあるから、実際に使ってみてから自分の好みの道具を買うのもいい。
キャンプ道具をフルセットでレンタルしてくれるキャンプ場もあるし、まずは野外で一泊ソロで過ごしてみてもいいかも知れない。

最小限の道具

ポイント

  • 道具は必ず買い足し、買い替えをしたくなる
  • 徐々に道具を増やしていくのも楽しみ

キャンプに限らず趣味になるとお金はいくらあっても足りなくなる
最初からお金をかけておくべき道具もあるけど、必ず道具は買い替えたくなることを前提に最初の道具は費用をかけずに揃えておくのが無難。

キャンプの定義は「屋外で生活すること」だから、普段の生活を屋外に持っていくだけと考えると基本的に必要な道具は自宅に揃っていることになる

移動手段が自動車であれば普段使っている家財を持って行くことも可能。あとはキャンプに何を求めるか。こだわりの範疇で道具を揃えていくことになる。

テント

テントは自立式ワンタッチをお勧め。必ず買い替えや追加で欲しくなるから、最初は安価で設営が楽なものがいい
非自立式はペグやガイロープが必要で設置場所の環境によっては設営難易度が上がる
あと、テントのボトムを汚さないようにホームセンターとかで売ってるビニールシートがあった方がいい。

グランドシートはブルーシートで十分って話を聞いて、ホームセンターで本当に「青色」のシートを買って使ってた。グリーンやグレーもあるのに・・・。

シュラフ

移動手段に徒歩やバイクを想定するとダウンシュラフの方がコンパクトになってお勧め。
移動手段が自動車なら同じぐらいのスペックで化繊シュラフにすると半額近くになる(収納サイズは大きくなる)。

キャンプギアの中でも選択肢が幅広くて奥深いところなので、別ページを紹介しときます。寝袋(シュラフ)の種類と選び方

マット

テントの中にシュラフだけ敷くと地面が硬すぎて体が痛くなる。地面からの熱(冷気)も油断ならないのでマットは必須。
マット以外にもコットやインフレーターマットという選択肢もあるんだけど、ひとまずマットからスタートでいいと思う。後々寝具を増やしても汎用性があったりする。

照明

照明は予備を含めて2個以上は持っていた方がいい。故障やバッテリー切れになると本当に不便。

ガスバーナー

まずはCB缶バーナーをお勧め

焚火道具

焚火するなら焚火台は必須。

焚火台なくても焚火(直火)させてくれるキャンプ場も稀にあるけど、片付けが結構な手間。

難燃シート、火消袋も必要。

焚火台を使っても薪を入れる時に炭や火種が地面に落ちることがあるから、焚火台に敷く難燃シートは必須。
あと、焚き火を終えるときに水かけてもいいけど急な温度変化で焚き火台が変形したりするから火を消すときは消火袋使った方がいい。

あとは薪割り用の道具も必要。切れ味よりも強度が必要だから必ずフルタング(柄の部分までが金属)を選ぶ。販売されている薪を使うならノコギリは不要。

その他(100均アイテム)

  • 火ばさみ
  • ライター
  • 着火剤
  • 食器類(クッカー・コップ・はし・スプーン)
  • キャンプでの食事はコンビニ弁当やカップラーメン。飲料はペットボトルでもいい

初めてのキャンプはこんな感じ

おしゃれやかっこいいってキーワードからほど遠いけど、一夜を野外で過ごすだけならこれで十分。

ここから徐々に道具を増やしていくのもまた楽しさだと思う。

ちなみにキャンプの「キ」の字も知らずにソロキャンプを始めようとして、一式そろえた時のAmazonの注文リスト。手放したのはテントと、壊れてしまったLEDライトぐらいかな。

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です