Colemanヘキサライト⁺は遮光性能が想像以上、メタリックランタン/200も良い意味で予想外 - インドア派のアウトドア

Colemanヘキサライト⁺は遮光性能が想像以上、メタリックランタン/200も良い意味で予想外

もう夏がくるよね~。
日差しが強くなるよね~。
きっと暑いだろうな~。

とうとつに何?

夏のキャンプに最適なキャンプギア見つけたよ。
夏の日差しを完全シャットアウト!
Colemanのヘキサライト+。

タープならDDタープあるし、真っ白って色がなぁ。

遮光性能がすごいし、深緑の風景に真っ白なタープ。
かっこいいって。

そんなわけでColemanのヘキサライト+を導入。

69泊目のキャンプ、石場ダムキャンプ場で初張り。あいにくの雨天で最高気温18℃、最低気温16℃。せっかくのヘキサライト+のデビューだから日差しの強い晴天だったらよかったのに。

ヘキサライトの恩恵をあまり感じることはなかったけど、タープの下は本当に真っ暗で遮光性の高さがよく分かる。

created by Rinker
¥18,157 (2024/05/18 16:24:04時点 楽天市場調べ-詳細)

そして、ヘキサライト+を買う時にメタリックランタン/200も購入。

バッテリー式のランタンが主流の中で、単三電池4本を使うタイプのランタン

明るさはHigh / Lowの2段階のみ。防水性能は全方向からの水しぶきに耐えるIPX4対応。

連続点灯時間はスペック表記でHigh約8.5h/Low約40hになっているけど、あくまでも点灯している時間であって電池の電圧が下がってくると明るさが落ちてくる。

体感的には新品の電池を使ってHighで明るさを維持できるのは4hぐらい。4hを過ぎると徐々に明るさが落ちていく。5h~6hを過ぎたあたりでLowの明るさと同じぐらいになる。

少しマイナスイメージの説明になってしまったけど、電池の消耗に見合うだけの光量がある

写真はメタリックランタン/200だけを照明に使ってる。

けっこうどころかかなり明るい。単三電池4本だけでこの明るさはなかなかだと思う。

夜の長い冬場に18時頃から点灯して4hなら22時。最も明るく照らせる時間が4h程度ってだけで、0時に就寝したとしても6hは十分な明るさを維持してくれる。

今回のキャンプではヘキサライト⁺より、メタリックランタン/200の明るさに感動を覚えてしまった。

利用してきたキャンプ場

キャンプ地一覧

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です