多様性の時代だからこそ押さえておきたいキャンプ場選びのポイント - インドア派のアウトドア

多様性の時代だからこそ押さえておきたいキャンプ場選びのポイント

いつもキャンプ場選びってどうやってるの?

キャンプスタイルにもよるからキャンプ場の特徴について説明するね。

車両の乗り入れが可能(オートキャンプ場)か、不可能か。

まず真っ先に確認するのは車の乗り入れが可能なオートキャンプ場かどうか。

移動手段が徒歩やバイクのキャンパーはあまり気にするポイントでは無いと思うけど、移動手段が車のキャンパーはどうしても荷物を多く持って行ってしまう。使う使わないは別にしてお気に入りのギアに囲まれたいというキャンパーの性だと思う。

キャンプサイトに車を乗り入れることができるだけで設営、撤収の労力が格段に減る

フリーサイトか区画サイトか

区画サイトの特徴

区画サイトは予約者毎に使用できるエリアが指定されていて、指定エリア内に他のキャンパーがテントを張るなんてことはない。予約さえ取れれば設営場所が保証される安心感がある。

ただし、区画サイズには注意が必要で、区画サイズによっては予定していたテントがエリア内に収まらないなんてこともある。

ファミリーやグループで大型のテントを使う予定だと注意が必要。あと、エリアが狭くて区画が駐車場のように整列されたキャンプ場だと集合住宅地かな?って雰囲気でお隣さんを気にしないといけなくなる。設営場所が保証されるけど、指定エリアにしかテントを張れないというのも区画サイトの特徴。

区画サイトは料金設定は、一区画○○円という設定が多い。

フリーサイトの特徴

フリーサイトはキャンプ場エリアの任意の場所にテントを張るスタイル。好立地の場所は早い者勝ちなので、チェックインが遅くなると設営場所の選択肢が無かったりする。

設営場所を自由に選べる反面、混雑時は他のキャンパーとの距離が近くなる。

フリーサイトの料金設定は、テント一張り○○円、タープ一張り○○円、大人一人○○円と加算式の設定が多い。

ソロなのかファミリーなのか、ソログル(ソロが集まってキャンプ)なのか。
この辺も区画サイトにするか、フリーサイトにするかを選ぶポイントになってくる。

チェックイン・チェックアウト

チェックイン時間は早いところで11時。13時が一般的。

チェックアウト時間は早いところで10時。11時が一般的。

チェックインに関しては大体のキャンプ場が指定時間より早く受付してくれる。チェックイン時間通りに受付をすると受付が大混雑してしまうから目安としてチェックイン時間を設けておいて適宜受付をするのが裏事情っぽい。

フリーサイトのキャンプ場だと好立地の場所は早い者勝ちだから時間に余裕があるなら早めに行くことをお勧め。

チェックアウト時間については早いところだと10時。朝食を簡単に済ませるとか、夜のうちに多少片づけておく等の工夫をしておかないと、10時チェックアウトはけっこうタイト。

キャンプの余韻を楽しみながらゆっくり撤収作業したいタイプはチェックアウト時間に要注意。

ロケーション(エリアタイプ)

草原

高原地のキャンプ場に多いタイプで遮蔽物が少ないことが多い。タープを準備しておくのが無難。

全体的に傾斜があるキャンプ場が多い。

林間

エリア全体が木陰でタープを使わずに涼しく過ごせる。地面は木の根で凹凸が多く、天気が良くても水気を帯びてることが多い。

海浜

地面が砂地、もしくは大量の砂が混じっているキャンプ場が多い。

海水浴と合わせてキャンプを楽しめるけど、夏のキャンプでは熱を持った砂は夜間でも冷めず、海風は生暖かいので暑さ対策が必要。

渓流・河川

季節問わずにテントやタープに結露が付きやすい。

水の流れる音が周辺の音をかき消してくれる。

グラウンド

地面が綺麗に整地されたエリアタイプ。○○公園キャンプ場といった感じで公園と名の付くキャンプ場に多いエリアタイプ。

他のエリアタイプと比べると可もなく不可もなくといった感じ。それだけに初心者キャンパーにはお勧めできるエリアタイプ。

キャンプ場の紹介で表記されている情報だけではなく、GoogleMAPの航空写真で確認したりするよ。

施設全般

水場が無いキャンプ場はまず無いけど、湧き水だったり、飲用不可だったりすることが稀にある。基本的に飲料水は持参しておくことをお勧め。

トイレ

和式トイレを使ったことがない世代も増えてきて洋式トイレ必須なんてこともあるようなので、注意が必要なポイント。

古いキャンプ場には和式の簡易水栓トイレのみというところもある。

売店

薪を現地購入する場合は確認が必要なポイント。

ゴミ回収

別料金でゴミの回収をしてくれるキャンプ場もある。グループでの利用はゴミも大量に出るので有料でもゴミ回収をしてくれるキャンプ場はありがたい。

炭や灰だけでも捨てさせてくれるキャンプ場はありがたい。

管理人

24時間スタッフが常駐しているキャンプ場もある。安心感はあるけどキャンプ場利用のルールが厳しい場合が多い。20時にキャンプ場出入口を施錠。22時にテント外の照明は全て消灯でスタッフが消灯確認に巡回してくるキャンプ場もある。

温泉に出かけて戻ってきたら施錠されてたなんてこともある。

あの時はビックリしたね。

シャワー・お風呂(温泉)

同伴者に女性がいるなら押さえておきたいポイント。キャンプ場施設としてシャワーやお風呂が無くても近くの温泉施設と提携しているキャンプ場もある。

利用してきたキャンプ場

キャンプ地一覧

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です