タープやテントのハトメとループの使い分け(ガイロープの位置) - インドア派のアウトドア

タープやテントのハトメとループの使い分け(ガイロープの位置)

設営手伝うよー。

ありがとー。って、ちょっと待って。
タープのメインポールに張るガイロープはループに結ばない方がいいかな。

写真のようにポールをハトメに通して、ガイロープはループに結ぶ張り方は、1本目のポールを立ち上げる時にガイロープが外れないメリットはある。

ただ、この張り方だと風でタープが吹きあがった時に、ハトメからポールから抜けてしまう可能性がある

キャップ(ポールエンドロック)を付ける方法もあるけど不安定であることには変わりがないので、メインポールを立てる時のやり方としては、ハトメに通したポールの上からガイロープをかけてテンションをかける。

この張り方ならタープが風で吹き上がってもポールから抜けることはない。

へー。
じゃ、なんで使わないループが付いてるの?

タープに限らずキャンプギアに決まった使い方はないよ。
別にループにポールを通してもいいよ。
タープによってはハトメが無くてループだけの物もあるしね。

メインポール以外の場所からガイロープを張る時はループを使った方が、タープを張った後のアレンジがしやすくなる。

タープ下の空間(高さ)を広くしたい時は、ガイロープを緩めてからポールをハトメに差し込んで立ち上げると簡単に空間を広げられるし、元に戻したい時はポールが簡単に抜ける。

もちろん風が吹きあがってくるとポールは抜けてしまうけど、タープを支えるメインポールではないのでタープ全体が倒壊なんてことはない。

同じようにテントのキャノピーを跳ね上げる場合もテントのループにガイロープを結んでおく方法が便利。

このやり方だとキャノピーを閉じたい(ポールを抜きたい)時にガイロープを外す必要がない。

朝起きてキャノピーを跳ね上げる時にガイロープの先を探さずに済むのはいいね。

うん。
ただ、風が強い時はやっぱりお勧めはできないんだよね。

状況に応じた使い分けが大事だね。

気になるキャンプギア

Tsuyoshi

1978年生れ 20年間仕事に追われて、「趣味は?」って言われると「仕事」としか答えられず、転職を機に趣味探し中。 座右の銘「怠惰求めて勤勉にいきつく」 好きな言葉「トレードオフ」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です